転職をしよう

資格を生かして働く

転職をしよう 転職に限らず仕事を探す際、資格があると就職活動が有利に進むことがあります。
資格があれば必ず採用されるという訳ではなくても、資格が必要な仕事は就職するのに敷居が高いため、資格を持っていれば転職が容易になる可能性が高いです。
例えば、看護師などは資格を取るのに時間がかかるものですが、景気に左右されず、雇用状況が安定しており、また求人も比較的豊富なため、女性が一生続けられる仕事として人気が高いです。
看護師の仕事内容は、勤務先が変わっても、比較的似内用のものになるため、家族の転勤などで住む場所が変わっても続けやすいというのも人気の秘密でしょう。
また、資格が必須でなくても、資格を持っていることで転職がかなり有利になる分野があります。
例えば、MR(メディカル・リプリゼンタティブ、製薬会社などで働き、薬の専門的な商品説明を医師などに行うセールスパーソンのこと)などは、薬剤師資格があると採用されやすいと言われています。
これは、MRで働くためには薬の専門的な知識が必要とされるからであり、薬の知識がある薬剤師は採用されやすいということです。
さらに、やはり医療系の仕事で、医療事務も資格を持っていると転職時に有利になりやすいと言われています。
ただし、医療事務の場合、資格を持っていることが必須でないこともあり、資格を持った未経験者よりも、資格を持っていない経験者の方が優遇される場合もあるので、どちらかといえば実戦経験を積んでおいた方が有利でしょう。

Copyright (C)2022転職をしよう.All rights reserved.