転職をしよう

営業職転職希望者に人気の業界

転職をしよう 営業職の経験がある人が転職する際、どんな業界が転職先として人気なのでしょうか。
営業職というのは、扱う商材が変わったとしても、ものを売るという部分のスキルは変わらないため、営業職の中で職種を変える転職が人気のようです。
やはり転職の第一の目的は給与アップであったり、その後のキャリアを見据えたキャリアアップなので、知名度が高かったり、売れる商品を扱ってスキル・経験をのばしたいという営業職の人が多いようです。
営業職の転職先業界として人気がある業界は様々ですが、例えば医薬品・ヘルスケア分野の営業職は、転職希望者の間で人気が高いようです。
これは、医療品業界の営業職であるMR(メディカル・リプリゼンタティブ)が、営業職の中でもかなり高給であると考えられているということもあるでしょう。
また、同じく給与が高いというイメージがある商社の営業職も人気が高いです。
実際のところ、給与水準はその会社の事業規模によるところが大きく、東南アジアを中心に海外で手広く商売を行っている商社や流通関連企業では、給与は高くなる傾向にあると言えるでしょう。
逆に、昨今の先行き不透明な景気事情を反映して、景気に左右されずに安定した売り上げを出したいという人たちに人気なのが、食品関連業界です。
食品関連業界は不況に強いと言われており、事業・売上げが比較的安定しています。
不況下であっても一定以上の給与水準を確実に保ちたいという人は、この業界への転職を考えてはどうでしょうか。

Copyright (C)2022転職をしよう.All rights reserved.